あさがお にっき

小さな庭でポタジェづくりをめざして

グリーンカーテン

f:id:asagao-nikki:20200711084628j:image

早朝、目覚ましのアラームがなる前に、土砂降りの轟音で目覚めることが度々あります。

全国各地の豪雨による災害の報道に胸が痛むとともに、我が家もハザードマップで危険と記されているエリアのため、決して人ごとでないと日々不安を感じています。

非常持ち出し袋を整備するのはもちろん、もし夫婦でお互い家に帰れない状況になってしまったとき、地域のどの避難所で合流しようとか、話し合う機会も増えました。

 

f:id:asagao-nikki:20200711084638j:image

一方、こんな状況で連日の雨にもかかわらず、5月初旬に植え付けたグリーンカーテンの成長はすさまじく、2ヶ月でネットを張った面をほぼ覆い尽くすほどになりました。

 

f:id:asagao-nikki:20200711084654j:image

グリーンカーテンに植え付けているのは、ゴーヤ2種、高性ミニトマト、きゅうり、曜白あさがお。特に、ノーマルなタイプのゴーヤの成長がすさまじく、他の物を飲み込みつつある状態。2ヶ月前にはひよっこの苗だったのに!

 

asagao-nikki.hatenablog.com

 

f:id:asagao-nikki:20200711084930j:image

よく見かけるノーマルタイプのゴーヤ。まだまだ実は少ないです。

 

f:id:asagao-nikki:20200711093826j:image

ノーマルタイプより葉が縮れて、実が丸っこいタイプのゴーヤ。そこそこ実が育ってきましたが、いつが収穫のタイミングなのか?よくわかりません。

 

f:id:asagao-nikki:20200711084716j:image

曜白あさがおは朝から夕方まで、色を青からピンクに変えながら長時間咲きます。

ゴーヤに巻き込まれ気味ですが、これから花数は増えるのでしょうか。

 

f:id:asagao-nikki:20200711084726j:image

雨続きで庭仕事をさぼってる隙に、ゴーヤが至る所に浸食していました。

 

f:id:asagao-nikki:20200711084743j:image

きゅうりとミニトマトも、グリーンカーテン産です。量は少ないけど、毎日何かしら収穫できるのが楽しみでもあります。

というか、ミニトマトは毎日収穫しないとどんどん破裂しちゃう。

バラの二番花たち

f:id:asagao-nikki:20200628090918j:image

ここ最近何日かじめじめした暑い日が続いたかと思うと、今朝は久しぶりに雨がしとしと降る静かな朝でした。

バラの二番花が咲いていますが、今年は、一つ一つの花は小さいけれど全体的に数は多く咲いてる印象です。日当たりの良すぎる庭に引っ越してきた甲斐があったかな?

ステファニーさんなんかはたくさん花をつけていますが、すでに真夏のサイズになっています。やっぱり今年が暑いんですね〜。


f:id:asagao-nikki:20200628090930j:image

このじめじめした暑さに負けない、アンブリッジローズの安定した開花には驚きます。しかも今の時期でもとても良い香り!あとでばてないか?ちょっと心配になるくらい。


f:id:asagao-nikki:20200628090927j:image

インリッチもいくつも咲いているのですがどんどん散ってしまって、今朝は虫に喰われた半欠けの花しかありませんでした。二番花のほうが茶色みが強く出ていて、色合いはなかなか面白いんじゃないかな。

インリッチはハダニが発生中。今年もやっかいなやつらの季節がやってきた。


f:id:asagao-nikki:20200628090921j:image

10号鉢のレイニーブルー。8号鉢までのサイズのバラさんたちは雨が降ったら雨の当たらないテラスに避難させてるのですが、この子はさすがに重すぎてそれができないんですよね、、5月から黒点病がコンスタントに続いているので雨晒しは少し気が重いところ。

庭にやって来ている肉食の虫たちやハチやチョウたちもいるから、あまり薬はまきたくないし…とりあえず今年は肥料を切らさず与え、常に新しい葉っぱを出してもらい新陳代謝をアップさせよう作戦でいってみようと思います。


f:id:asagao-nikki:20200628090912j:image

同じく10号鉢で雨晒しのシャトードゥシュベルニーは本当にタフで無農薬でも今のところ黒点病知らずです。こちらもぶっといベーサルシュートがばんばん出るし、シュートの先にちょろっとうどんこが出てもいつのまにか治っているようです。

とにかく精神的に頼れるありがたい存在です。


f:id:asagao-nikki:20200628090915j:image

今朝の収穫はレイニーブルー脇に植えてるミニトマトのイエローアイコなど。イエローアイコは大きめの味のいい実がついて、しかも雨が降っても割れにくいので育てやすい!

6月の庭の記録

f:id:asagao-nikki:20200624210749j:image

6月半ばから、やりたいことに近い内容のアルバイトが決定!1年半ぶりくらいに、職に就くことになりました。

仕事が始まる前の6月前半は、時間があるうちにと、いつもより多く読書したり映画を観たりして過ごしていたのですが、よく訪問させていただいているブログで紹介されていた『マイビューティフルガーデン』という映画が特によかったです。

 

bait4crawl.exblog.jp

 

さてさて、今月のうちの”マイ(ビューティフル?)ガーデン”はというと。。

f:id:asagao-nikki:20200624211031j:image

6/10 グリーンカーテンコーナーにカマキリが住み着き始めました。おそらく何匹かいるようで、なぜかいつもきゅうりの葉っぱの上にいるところを目撃します。


f:id:asagao-nikki:20200624211005j:image

まだ小さくて頼りないけれど、捕食者の存在はありがたい限り。


f:id:asagao-nikki:20200624211039j:image

6/10 テッポウユリが咲いたはいいものの、連日の雨でぐしゃっとなってしまいました。

 

f:id:asagao-nikki:20200624210959j:image

6/20 自粛期間中も我が家の植物は少し増え...5月ごろ購入して剪定しておいたクレマチス’ロマンチカ’が初開花しました。小ぶりだけど、渋くていい色!


f:id:asagao-nikki:20200624211036j:image

初めてのクレマチス育ては、地植えにチャレンジしてたくさん咲かせてみたいところですが、狭い庭でどう仕立てたらいいか悩みどころです。

 

f:id:asagao-nikki:20200624211002j:image

実付きのリスボンレモンも買っちゃった。キアゲハがよく卵を産み付けていくのでチェックがかかせません。

f:id:asagao-nikki:20200624211023j:image

バラの二番花が咲いてきたり、、

f:id:asagao-nikki:20200624211010j:image

ミニトマトはたくさんは取れないけど、毎日のお弁当にちょっぴり彩りを添えてくれる程度の収穫が続いています。


f:id:asagao-nikki:20200624211027j:image

6/21 スイートピーが全体的に枯れてきたので、とりあえず豆を収穫してみました。緑のや雨続きでカビてしまったのもあるけど、そんなにたくさん取れても植える場所がないので、まあいいかな。来年のスイートピーはこの豆たちから育ててみようと思います。

スイートピーの跡地には、タネから育てたマロウの苗を移植しておきました。

梅雨前の庭の記録

f:id:asagao-nikki:20200604151850j:image

バラのシーズンが終わって少しさびしくなっていた我が家でしたが、ふたたびカラフルになってきました。

 

f:id:asagao-nikki:20200606093241j:image

真っ青なヤグルマギクの後方では、夫の育てているパクチーが花盛り。葉ではなく、種を収穫する予定みたい。同じ植物でも葉っぱはパクチー、種はコリアンダーとして売られているのだそうです。

 

f:id:asagao-nikki:20200604151842j:image

カリフォルニアポピーとディモルフォセカ

 

f:id:asagao-nikki:20200604151819j:image

白い花は、イベリス・アマラ。

このミックスフラワーコーナーは、花壇のわきに置いている植木鉢をも呑みこむ勢いのワイルド感を出してきていますが、梅雨にはどうなるのかちょっと心配です。


f:id:asagao-nikki:20200604151826j:image

こちらは花と野菜をミックスで植えているポタジェコーナー。たいへんカオスな様相に、、

種から育てたミックスリーフ類が青虫ファクトリーと化してしまいほったらかしにしていたところ、花が咲いてきてしまいまいした。ああ、とう立ちですね。

葉物は育てておくと使い勝手がいいけど、虫の食害を避けるためにもっと寒い時期に作ったほうがよさそうです。

 

f:id:asagao-nikki:20200606093744j:image

同じくポタジェコーナーの鉄砲百合はもうすぐ咲きそう。


f:id:asagao-nikki:20200604151846j:image
こちらは庭の隅のメドウセージ。他の鉢の影で日が当たりにくくなっているので、サイズも控えめなスリム体形で育っています。もっと日の当たる場所に移したほうがいいのかしら。

 

f:id:asagao-nikki:20200604151834j:image

グリーンカーテン予定地の端に植えている高性ミニトマトには、たくさんの青い実がつき始めました。

 

f:id:asagao-nikki:20200606093837j:image

ゴーヤのお花。苦いものが苦手な夫が自分で植えてたけど、ちゃんと食べるのだろうか。

 

虫に食われたりハダニがはびこったり、庭全体が雑然とした雰囲気になってきているので、一部整理したりして梅雨を迎えられたらいいなと思います。

バラの季節にさようなら

f:id:asagao-nikki:20200528144650j:image

ステファニーさんは一本立ちの変な樹形になりながらも、この春は次々と可愛いお花を途切れることなく咲かせてくれました。

後半は小さいけれど雰囲気たっぷりの房咲きに。切り花として楽しんでいます。

 

お花を紹介していなかった謎のバラ、'Jacotte'。開花は5/19でした。今年は何かがよくなかったのか、全てのお花が不完全な形になっていました。
f:id:asagao-nikki:20200528144805j:image

なんでこんな風になってしまったのか。しべが全開なので、ハチなどの虫さん達には大人気だったんですけどね〜。


f:id:asagao-nikki:20200528144755j:image

花数も少なく、一季咲きなので、今年はこれでおしまい。ローズヒップにでもしてみようかな?

このバラ、正月の福袋でうちに来た時からとんでもなくごっついシュートが横張に伸びていて、すごく扱いづらい樹形なんですよね...冬剪定でげんこつにして、樹形をリセットしてみたくてたまらない一株です。

 

f:id:asagao-nikki:20200528144823j:image

バラの季節は終わりましたが、3月に庭にまいたミックスフラワーシードたちがだいぶ育ち、こちらのほうがシーズンを迎えようとしています。

次々と蕾が上がってきているヤグルマギクは、ハッと目がさめるような鮮やかなブルーでしっかり目立っています。

 

f:id:asagao-nikki:20200528144758j:image

黄色いお花は、ディモルフォセカ。(覚えにくい名前!)

ミックスフラワーシード、ちょっと過密すぎましたね、、ジャングルになってきてしまった。そしてよくアシナガバチがここに潜り込んでイモムシ刈りをしているので、うかつに手を出せなくなってきました。

 

f:id:asagao-nikki:20200528144751j:image

ジャングルを覗き込むと、小さなビオラが懸命に花を咲かせていました。

ジャングルにしてしまってごめんよ。

 

f:id:asagao-nikki:20200528144741j:image
春の寄せ植えのほうのビオラは、ブルーデイジーと共にまだまだがんばり中です。

 

f:id:asagao-nikki:20200528144809j:image

春先の全盛期の頃より涼しげな淡い色合いになっていて、今のほうが好みかな〜と思っています。

 

さいごに、撮り溜めてた今シーズンのバラの写真たちをまとめて載せておこうと思います。

 

◼️グロワール・ドゥ・ディジョン・ルージュ

f:id:asagao-nikki:20200528161252j:image

f:id:asagao-nikki:20200528161246j:image
f:id:asagao-nikki:20200528161243j:image

 

◼️シャトー・ドゥ・シュベルニー

f:id:asagao-nikki:20200528194051j:image

f:id:asagao-nikki:20200528194054j:image

f:id:asagao-nikki:20200528161256j:image

f:id:asagao-nikki:20200528194057j:image

 

◼️アンジェラ

f:id:asagao-nikki:20200528193824j:image
f:id:asagao-nikki:20200528161627j:image

f:id:asagao-nikki:20200528195809j:image

 

◼️アンブリッジローズ
f:id:asagao-nikki:20200528161634j:image
f:id:asagao-nikki:20200528161607j:image
f:id:asagao-nikki:20200528161624j:image
f:id:asagao-nikki:20200528144735j:image

インリッチ開花

f:id:asagao-nikki:20200519112845j:image

去年の誕生日に夫からプレゼントしてもらったバラ、インリッチ。

私にとって初めてのハイブリッド・ティーで剣弁高芯咲きのバラです。香りがいいということでこのバラを選んでくれたようですが、今年はそこまで香らず、軽いティー香でした。もっと育ったらより強く香るのでしょうか?


f:id:asagao-nikki:20200519112837j:image

咲き始めは赤みの強いベージュの花弁のエッジに濃いピンクが乗っていて、花によっては中心がオレンジがかっていたりと、変化が大きいです。

時間が経って開ききっても、最後までしべは見せないようです。

 

f:id:asagao-nikki:20200519112833j:image

つぼみの時はぐしゃっと縮れて色も全然違っていたのでちゃんと咲くのか?と少し不安でしたが、ちゃんと咲くものですね!


f:id:asagao-nikki:20200519112827j:image

あのつぼみからこんな風に上品な感じに展開するなんて、びっくりです。

一言で言い表せない個性的なニュアンスカラー


f:id:asagao-nikki:20200519112824j:image
ハイブリッド・ティーは初めて育てたのですが、上へ上へとすっと姿勢よく伸びてくれる点はスペースの関係上かなりありがたいです。お花の数は少ないですが、一輪一輪が大きく見応えもあります。

ただ、ネットの商品写真と比べると、私の育て方のせいもあると思うけど、やや大味な印象がありました。

香りと花姿は育つとさらに良くなると期待して、大切に育てていきたいと思います。

レイニーブルー開花

f:id:asagao-nikki:20200516210410j:image

遅咲きのレイニーブルーさん。初開花は5/9でしたが、今年もどんどん咲いてきています。

シャトードゥシュベルニーと同じく、冬剪定で枝を残しすぎたので、ひとつひとつのお花はやや小さく浅い感じになってしまったかも。今年は鉢のサイズも大きくしたし、肥料は2〜4月にかけて毎月しっかりあげてたので、肥料不足ではないと思うんですよね。

冬剪定では、勇気を持ってもっと大胆に切ったほうがいいと勉強になった春でした。


f:id:asagao-nikki:20200516210434j:image

夕方の時間帯に撮った写真は、藤色の色味がより引き立って映ります。


f:id:asagao-nikki:20200516210427j:image

やっぱり、葉っぱがもじゃっとしすぎてますね〜。もうちょっと枝を抜いたほうが風通しが良さそう。

そして、葉っぱがいっぱいあるので、多少の虫食いやアブラムシは諦めて放置してしまっております。午前中、庭に日が差し始めるとほぼ同時に、アシナガバチがふらりとやってきてバラの葉っぱを念入りにチェックしているのをよく見かけるので、少しは青虫を持って帰ってくれているのかもしれません。

アシナガバチは、うちに巣を作られるのは嫌だけど、お客さんとして来くれるぶんにはありがたく思っています。

 

f:id:asagao-nikki:20200516210420j:image

レイニーブルーにはいつの間にやらクモもやってきて、巣を張ってしまいました。人間に丸見えの場所にいるのに、全然動じないどころか、近づくと巣を揺すって威嚇?してくることもあります。

バラについてるアブラムシや青虫を取るときに、たまに巣にくっつけたりしてみるんですが、食べたり食べなかったり、あまり好きではないのかポイッと捨てたり。なんともマイペースなやつです。


f:id:asagao-nikki:20200516210416j:image

夕方の写真は藤色がきれいに出ますが、昼間に写真を撮るとこんな感じに。

 

f:id:asagao-nikki:20200516210424j:image

明るい日差しのなかでは、ほぼピンクに映ってしまいます。花だけ見ると、くしゅっとした感じがオールドローズぽいです。


f:id:asagao-nikki:20200516210431j:image

よく、うさ耳のようにつぼみが2カ所ぴょこんと出ていることが多いです。かわいい。


f:id:asagao-nikki:20200516210400j:image
もしかしたらバラとしてはあまり定番の色の組み合わせではないかもしれませんが、レイニーブルーの優しい藤色はシャトードゥシュベルニーの黄色と引き立てあっているように思います。

 

f:id:asagao-nikki:20200516220119j:image

ただ実はシャトードゥシュベルニーの右側にはどピンクのアンジェラもいて、左から藤色、黄色、ピンクの並びになっているので、なんだかちょっとカラフルすぎたかな?
さらになんと、アンジェラの株元にはいつの間にか夫の植えたネギが!ネギとバラっていう組み合わせもなかなか斬新(笑)