あさがお にっき

ベランダで植物を育てたり、たまに絵を描いたりします。

留守の間のバラたち

f:id:asagao-nikki:20190808230020j:image

旅行前に摘んでおいた花やつぼみたち。酷暑でもシャトードゥシュベルニーさんは容赦なく咲いております。デルバール強い。。


f:id:asagao-nikki:20190808225632j:image

レイニーブルーさんも名前に反して暑さや日差しに相当強いです。夏の間はサニーピンクと呼びたいくらい。


f:id:asagao-nikki:20190808225635j:image

つぼみをできるだけ取って、苛酷な留守を乗り切ってもらいます。

 

毎年夏になると夫と何泊か旅行に行くことが多いのですが、ガーデニングにはまってからというものの、留守の間の水やり問題には相当気を使います。

去年の留守の際には植物をすべて風呂場に詰め込み、植物用のライトを取り付けるという荒業で乾燥を防いだのですが、蒸れと日照不足でレイニーブルーが深刻なダメージを受けてしまったのでした。

そのため、今年は私の分の植物(主にバラたち)はなんとかベランダで留守を乗り越えてもらうことにしました。

 

現在の我が家のベランダのふだんの状態は、以下のような感じになります。

・午後1時ごろから日没まで日が差す、ほぼ西向きのベランダです。

・メタルラックに植物を載せることで、日照時間を確保しています。

・水やりの頻度は鉢によりますが、毎日〜1日おきくらい。ベランダに水栓がないので、自動潅水はできません。

・天気は連日35度越えで、しばらく雨は降っていません。

 

今回、4泊5日でタイ旅行に行くことになり、以下の対策をとりました。

・事前に花やつぼみを取っておく。

・メタルラックから植物を下ろし、物干し竿に100均のすだれをかける。これで日照時間は2〜3時間くらいに減り、日差しもよりマイルドになったはず。

・鉢同士を寄せ集め、たっぷり水やりした上で通常より大きめの受け皿に水を満タンの状態にしておく。

・枯れないように祈る。もし枯れた鉢が出てしまったら、空いた鉢に新しくフルーツの苗木でも導入しようかしらと妄想する。

 

f:id:asagao-nikki:20190808231134j:image

結果、留守の期間のダメージを全体的にかなり減らすことができました!

写真ではエボルブルスがカラカラに干上がっていますが、水やりでほぼ復活しました。

あと、レイニーブルーさんがやっぱり日照不足でかなり落葉してしまったけど、じきに新しい葉が出ると思います。

よかったよかった。

 

f:id:asagao-nikki:20190808232415j:image

タイ旅行もそのうち記事にまとめられたらいいな。